毎日頑張る私の日記

仕事や家の事など、毎日色々な事が起こります

お盆は仕事

without comments

お盆は旦那も私も仕事で休みがありません。
はあと一日働けば休みになりますが、旦那はまだまだ休みを貰えそうにないです。

お盆はいつもお墓参りに行けなくて、申し訳ない気持ちで一杯です。

今年は17日に遅くなりますが、実家のお墓参りに行ってきます。
おばあちゃんが、私がいつくるのか?気になって仕方がないようで、
昨日、父親から何時に来るのかばあちゃんに電話してあげてと電話で言われました。

おばあちゃんは私が小さい頃からすごく可愛がってくれていたので、
嫁に行って、県外に行ってしまった私に会えなくて寂しいのかな?

おばあちゃんの大好きな飲み物を買って、会いに行きたいと思います!

旦那の実家のお墓参りはもっと先になりそうです。

お義父さんに、遅くなりますがお墓参りに伺いますと連絡したら、
おじいちゃんが、ご飯を食べに行こう!と言っていたと伝言を預かりました。

旦那のおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に食事したことはまだないです。

お義父さん・お義母さんとは近くに住んでいた時は何度もご一緒させて頂きました。

おじいちゃんとおばあちゃんとの食事は緊張しそうです!!

旦那の休みがいつなのかわからないので前もって連絡出来ないのが本当に申し訳ないです。

今住んでいる所の前に住んでいた所はまだ、旦那の実家に近かったので
たまに遊びに行くことは出来たのですが、今の場所からは大分遠くなってしまって
足が遠のいてしまいました。

前の場所に住んでいた時は旦那のご両親もたまに出向いて来てくれていましたが、
1時間30分くらい今では掛かってしまうので中々お会いできないですね。

お義母さんの大好きなパン屋さんが、前に住んでいた所にあったのですが、
そのお店にも中々行けなくなりました。

ネットでそのパン屋さんを見つけたので、注文してみようと思っているのですが、
ネットだとお義母さんに対して失礼なのかな?

どうしようか悩みます。

Written by mainichi

8月 4th, 2015 at 4:00 pm

Posted in 日記

かき氷スイーツ

without comments

最近できたかき氷スイーツのお店が気になっていました。

六本木のyeloというお店なんですが、いちごミルクのようないかにもかき氷というものからアボカドマスカルポーネなんてオシャレなものまであって凄く行きたくなっていました。

かき氷が食べたくなって、近くのスーパーのかき氷で我慢していたんですけど、ちゃんとしたお店の雰囲気で食べたいなって思いました。オシャレなお店で食べるなら気持ちもだいぶ違いますよね。

もちろんスーパーのかき氷も良いです。お気に入りはシャビィやサクレです。オレンジ味とかが美味しいですね。

そんな気持ちが高まってきて、先日ついに行ってきてしまいました。店内もかき氷屋さんと思えないほどシックな感じがして六本木のカフェって感じでした。
とても良い雰囲気の中でメニュー表もカラフルでオシャレです。
一緒に行った友達は有機にんじんマスカルポーネを頼んでいました。

かき氷ににんじんなんて見たのは初めてで驚きました。私も負けじとココナッツチョコバナナを注文してみたところ、すごく美味しそうなパフェのようなかき氷が目の前に現れてテンションが上がりました。もちろん味もとっても美味しくて友達と一緒に大満足でした。

帰ってからも思い出してしまうほどでしたが、現実に戻ってからは記憶を思い出しながらスーパーのかき氷で涼をとっていました。

あんなオシャレなかき氷を食べながら過ごしていたらヘルシーだし美容にもいいんじゃないのかななんて思ってしまいました。かき氷屋さんおすすめです。

Written by mainichi

5月 2nd, 2015 at 4:00 pm

Posted in 日記

生きること、楽しむこと

without comments

生きることは楽しむことです。
楽しく生きなければ人生は大損の丸損です。

でも、今の生き方は苦しいばかりですよね。こんな世の中では心が救われないです。
心を開放する方法はたくさんあります。何かを信じればいいんです。

もちろん神様でもいいですし、もっと小さなもの、例えば自分の信念とか、誰かの信念とか…そういった寄る辺を作ればいいのです。

でも、誰かの事を信じていた場合、脆くも裏切られた時のショックは立ち直りができないほどです。
出来ることなら、もう少しダメだった時のショックが少ないもの、もしくはダメにならないものを信じることです。

たとえば、「この御飯は美味しい」ということを信じてみたらどうでしょうか。
どんなに辛くても、毎日の御飯は、とても美味しい。そのことを頼みにすれば、毎日の生きる活力が溢れてくるのではないでしょうか?

もしもそれがキレイ事だと思うなら、やらなくてもいいと思います。
でも、キレイ事がどうして悪なのでしょう。
人間は本質的には善良なるものです。

善良なるものが美しいものを信じないで、誰が美しいものを信じるんでしょう?
とにかくあたしは、その日その日に美しいと思ったものを信じて、その美しいものを見るために生きていこうと思っています。

生きる理由、生きる楽しみ、そんなものは、誰がどんなものを信じていても良いんです。
大切なのは、それを通じて、その人がどれだけ健やかに生きていけるか。

そんな小さなことだけなんです。

Written by mainichi

2月 13th, 2015 at 4:00 pm

Posted in 日記

歯科の受付事務の資格をまとめてみた

without comments

歯医者さんの受付事務に興味があります。
【歯科助手】になるためには、一生モノの資格を初心者でもゼロから学べる講座がいくつもあります。
そこで、歯科助手の講座の種類についてまとめてみました(ぜひ参考にしてくださいね!)

【通学制の講座】
歯科助手になるためには学校に通学する方法があります。
専門学校や民間のスクールで歯科助手の資格を目指すことができます。
専門学校や民間のスクールの場合、医療事務系のコースや歯科助手専門のコースに通います。
医療事務全般の総合的な資格を目指してもいいですし、歯科助手に限られた資格を目指すこともできます。

■講座の特徴
・1年制のカリキュラムを組んで学習を進めながら資格を目指す。
・実習がある。
・高校卒業後の進学者が多いが、社会人からの再進学も可能。

■メリット
通学することで同じ目標を持つ仲間との触れ合いがありますので、勉強だけでなく社会に出た時のスキルや協調性の大切さなどたくさんの事を学べます。

■通学制の講座で目指せる資格
・歯科アシスタント検定
・歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験
・メディカルクラーク(歯科)
・診療報酬請求事務能力認定試験 など

【通信制の講座】
直接学校に通わなくても、テキストやDVD教材を使って自宅で勉強しながら資格を目指すことができるのが通信制の講座です。
通信制の講座では、講座修了試験にクリアすることで検定試験を改めて受験する必要がありません。
カリキュラム修了と同時に資格取得できたり、講座の終了試験が認定試験を兼ねていたりするケースがほとんどです。

■講座の特徴
・数ヶ月単位でのカリキュラムを組んで学習を進めながら資格を目指す。
・社会人として働きながらの学習も可能。
・学習費用が安い。

■メリット
ライフスタイルを無理に変えることなく、歯科で働ける知識とスキルが身に付きます。

■通信制の講座で目指せる資格
・歯科助手専門員
・歯科助手技能認定
・歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験 など

何となく思いつきで歯科の資格についてまとめてみました。
やっと自分の頭の中を整理できた気がする~(笑)

参考にさせていただいた、スペシャルサンクスなサイト
歯科助手の資格と仕事 さんでした。

Written by mainichi

1月 12th, 2015 at 4:00 pm

Posted in 日記

LINE活用者数が5億人を超えるそうです。

without comments

LINE(無料通話アプリ)が、登場して3年が経ちました。
スマートフォンでメッセージをやり取りすることが出来て、しかも無料ということで爆発的に人気が出ています。

なんと、LINEの利用者(登録者)が5億人に達成すると言われています。
感情の表現を「スタンプ」を使うというかわいさが、日本の若者にうけて人気に火が付いたと言われています。
フェイスブックやツイッターと違い、やり取りは非公開というところも人気が出る理由かもしれませんね。
グループを作り、複数で同時に交流も出来ることで、便利性も良いとされています。
周りでもほとんどの人が活用しているので、LINEは活用させてもらっています。

一部有料ながら、表現豊かなクマやウサギのキャラクターなどの画像を、メッセージと合わせて送れる。
企業の自社ブランドキャラクターのスタンプを利用者に使ってもらい、宣伝に活用しています。

利用者同士が無料で通話出来る機能もあり、携帯電話の通話にも取って代わっています。
日本では約5200万人の人がLINEに登録しているということで、子供や年寄りを除くとほとんどの人が登録している計算になりますね。

既読スルーをすることで、相手に嫌な思いをさせたり、トラブルに巻き込まれたりするケースが相次いで起きているのも、また事実です。
犯罪や事件に関わらないようにすることが、始めの第一歩だと思います。
便利なモノを活用することは良いことですが、便利が不便にならないように気をつけましょう。

Written by mainichi

1月 9th, 2015 at 3:59 pm

Posted in 日記